2013年03月09日

採用されるための面接のマナー

採用面接において、会社側が求める人物像について理解を深めておくことはとても大事です。ほかに人物や人柄を重視する企業にとっては、応募者の持つ人間性や性質などを見極める意味での面接を行なうケースがあります。

自分の言葉で面接の場で発言できるように、自らの考えや価値観をはっきりさせておきたいものです。面接の前段階に試験があったり、面接の場で常識問題や社会問題に触れられる場合もあります。

マナーや常識を持ち備えているかも、面接の場で求められることがあります。会社が必要とするスキルを十分に持っている人物であっても、面接の結果採用が見送られるというケースもあるようです。

話し方や態度に問題があったり、遅刻や休み癖があるなど社会人として不安があるという方であれば、採用は難しいといえるでしょう。転職や就職をサポートするサイトには、セミナー情報が掲載されていることがあります。

面接までの日程や会社説明を行うためのものです。セミナーに参加する人は少なくないようです。転職活動をしている人のための、就職活動に役立つ情報が手に入るセミナーなどもあるといいます。効率的な就職活動では何をすべきかを教えてくれるような取り組みがいくつかりあります。

不況の中での就職活動での面接を潜り抜け採用を勝ち取るためには様々な努力が必要な時代といえるのでは無いでしょうか。
  


Posted by だりあ at 19:37Comments(0)

2013年03月07日

採用情報と面接

面接を経て見えてくる採用情報もあります。求人情報を探す時は、求人情報誌求人サイト、ハローワークなどを使う人が多いようです。求人情報には大まかな条件が書かれていますが、具体的なところは面接でわかることが少なくありません。面接の合否まで辿り着く前に、書類で落とされる場合もあります。

電話やメール、書類応募などにも気を使いましょう。ネットの就職サイトでは、履歴書や職務経歴書を登録し、企業が自由に閲覧できるタイプもあります。自己アピールの機会を逃さないようにしたいものです。面接を受けても、年齢条件や希望する待遇のすり合わせがうまくいかなかったということもあります。

どのようなスキルを持つ人物を会社が求めているのかがわかれば、面接や自己アピールではどこに力点を置きたいかが決まります。社会人として必要なマナーや一般常識などは欠かせないことです。今の会社から転職したいという人は、社会人としての常識もマナーもあるという点は大前提です。

転職や就職に限らずアルバイトという就労形態も最近増えています。派遣のアルバイトや社員として働く時には、派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらえるところもあります。面接や採用についてもきめ細かなサポートがつきます。上手に利用することで派遣社員から正社員として採用されるチャンスもあります。

面接から採用までの大変心強いシステムであると言えるのでは無いでしょうか。
  


Posted by だりあ at 06:28Comments(0)

2013年03月05日

面接から採用まで

採用を希望するところには、面接を受ける必要があります。採用に至るまでは、アルバイトでや転職活動では求人の情報を集め、気に入った求人に応募して面接、採用という順番です。面接を無事に通過しなければ、どんなに採用されたいと思っても就職することはできないでしょう。

近年ではインターネットでの求人情報検索が盛んです。就職支援サイトや求人サイトなどには数多くの情報があるようです。求人サイトなどでは、面接にはどのような態度で望むべきか、どんな気構えを持つべきかなどが紹介されていることもあります。

求人サイトでは、求職者を対象としたものだけでなく、求人情報を出している側の会社が面接でしておきたいことに関するセミナーなども開かれています。確実に会社の戦力となってくれるような人物を捜していることが、会社側の動きからわかります。応募してきた人がリラックスして話せるよう、プレッシャーをかけすぎないという会社もあります。

表面上だけでなく内面までもしっかりと採用する側は見極めようという配慮が感じられ大変驚きです。面接官とは、どことなくとっつきにくいという考えもあります。

求人情報を見て面接受けに来ている側のほかにも、求人を出した企業側がどこまで求めるものなのかということもあります。いかに自社あった、又は企業側が求めている人材を面接で見極め採用するかは面接官の重要な役割なのです。
  


Posted by だりあ at 18:50Comments(0)

2012年10月30日

ベンチャー企業が求める人材

不景気の影響もあり求人倍率は低迷気味で仕事を探している人が数多く、就職も困難な状況が続いています。そんな中でも言われているのが、採用したい人材を企業が見いだせていないということです。このような人余りの時代で感じるのは、人材不足とは意味が通じないということです。

ものが売れなく利益がなかなか出ない時代にあって、優秀な人材への企業の依存度がそれだけ高いと考えることもできるでしょう。転職活動でも企業の募集している人材について知ることが重要であり、人材の募集にかなりの投資をしている企業は多いといいます。

ベンチャー企業や中小企業が募集している人材は、大企業とはまた異なるタイプです。発展途上の体系的なマニュアルや顧客基盤がまだできていない会社では、必要なものを自立的に一人一人が考え作っていく人が求められています。仕事の範囲が不明確で一人で全体を見通す必要も多いようです。

有用なのは、未経験の分野でも興味を持って取り組めること、柔軟なものの考え方ができる人材です。次々と困難な状況が現れるのが、発展途中の企業です。大切なのは、困難な状況を否定的な視点ではなく肯定的に見ることができることです。

ポジティブ志向で苦境にあっても楽しめる人材こそが、会社が募集するものに近いのではないでしょうか。人材の要素で企業が募集するものは、大企業や安定企業にも通じる点があるようで、中小企業だけではありません。
  


Posted by だりあ at 06:08Comments(0)

2012年10月28日

会社が求める人材

求人募集を出す会社は、どのような人材を欲しがっているのでしょうか。転職活動を成功させる鍵とは、会社が望む人材について知ることです。求められている人材に自分が近いことをうまくアピールすることが大事だといえるでしょう。

多くの企業が募集している人材には、いくつかの共通点があります。安心して仕事を任せられる人物でなければ採用することはできませんので、そのひとつは責任感を持っていることだといえます。さらに求められるのが、協調性があり、素直な性格であることです。

会社が募集しているのは、他人からの指摘や指導を素直に受け入れ、複数の人と連携しながら仕事を進められる人材です。さらに求められる人材は、向上心や働く意欲があり、現状をより良いものにしていこうとする人です。

企画力や創造性、自分の考えを人に伝える表現力が、部署によっては大切になってくることがあります。人を巻き込む力がある人やリーダーシップのある人をとくに募集することも、企業が管理職につく人材を求めているときにはあるでしょう。

さらに重視されるのが、人間的な魅力、いわばヒューマンスキルが高く、周囲を調整する能力です。実際企業が求める特性は、良い人材とはいずれか一つが突出していても言えないこともあるようです。長所をバランス良く兼ね備えている人材を、会社は募集していると考えてもいいでしょう。
  


Posted by だりあ at 09:16Comments(0)

2012年10月27日

優秀な人材と派遣社員

派遣の仕事を通して人材的価値を高める人もいます。派遣社員として働くことによって、自分自身のスキルを積むことができるでしょう。色々な会社に行き、仕事をすることが可能になることが、人材派遣で働く魅力の1つです。正社員の仕事を探す時でも、派遣の経験を活かした就職活動をすることができるでしょう。

会社側としても、派遣会社から人材を派遣してもらうことでその時々に必要な戦力を得ることができます。派遣社員を雇うことで会社に必要な即戦力を確保することは、社員数の多い企業であるほど重視しているようです。働いてみたいと前から考えていた企業に行くことができるかもしれません。

大手の人材派遣会社に登録すれば、仕事の案内はもちろんのこと、就業ルールの説明や給料の支払い、福利厚生など気になる点も、事前にわかりやすく説明してくれるので安心です。一人一人の技術向上のため、研修会や講習会によって就労支援に積極的な派遣会社も数多く存在しています。

優秀な人材の確保と雇用の促進は、今や社会問題となっています。正社員としてこだわりすぎると、仕事がなかなか見つからない現状もあります。企業にとって優秀な人材になるために、まずは派遣として働いてみるという考え方も検討してみてください。

きっかけが派遣でも、会社に必要な戦力として正社員への声がかかることもあります。新しい仕事先を探す時には、選択肢として人材派遣会社の利用を考えてみてください。
  


Posted by だりあ at 00:10Comments(0)